コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴家持妹 おおともの やかもちの いろと

1件 の用語解説(大伴家持妹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴家持妹 おおともの-やかもちの-いろと

?-? 奈良時代の女性。
大伴旅人(たびと)の娘。奈良の人。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)2年(750)留女之女郎(とめのいらつめ)の名で,越中守(えっちゅうのかみ)として赴任中の家持のもとへおもむいた兄嫁の大伴坂上大嬢(さかのうえのおおいらつめ)にあてた歌1首が「万葉集」にある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大伴家持妹の関連キーワード通観阿氏奥島礒氏法麻呂大伴田主笠御室佐伯子首葛井大成舟麻呂三野石守山口若麻呂