コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴坂上大嬢 おおともの さかのうえのおおいらつめ

2件 の用語解説(大伴坂上大嬢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴坂上大嬢 おおともの-さかのうえのおおいらつめ

?-? 奈良時代の歌人。
大伴宿奈麻呂(すくなまろ)・大伴坂上郎女(さかのうえのいらつめ)の娘。いとこ大伴家持(やかもち)の妻となり,天平(てんぴょう)18-天平勝宝(しょうほう)3年(746-751)の夫の越中守(かみ)在任中に任地におもむいている。「万葉集」に短歌11首があり,すべて家持との贈答歌である。
【格言など】逢はむ夜は何時(いつ)もあらむを何すとかかの夕(よひ)あひて言(こと)の繁きも(「万葉集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものさかのうえのおおいらつめ【大伴坂上大嬢】

奈良時代の歌人。生没年不詳。宿奈麻呂(すくなまろ)の女,母は坂上郎女。家持の従妹で,のち妻となる。佐保の坂上の里に住んだのでこの名がある。750年(天平勝宝2)ころには家持の任地越中に住んだ。作品はすべて家持との贈答歌で,《万葉集》末期の小主観的傾向にとどまるものが多い。〈つき草の移ろひやすく思へかもわが思(も)ふ人の言(こと)も告げ来ぬ〉(《万葉集》巻四)。【川口 常孝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone