コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴坂上大嬢 おおともの さかのうえのおおいらつめ

2件 の用語解説(大伴坂上大嬢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴坂上大嬢 おおともの-さかのうえのおおいらつめ

?-? 奈良時代の歌人。
大伴宿奈麻呂(すくなまろ)・大伴坂上郎女(さかのうえのいらつめ)の娘。いとこ大伴家持(やかもち)の妻となり,天平(てんぴょう)18-天平勝宝(しょうほう)3年(746-751)の夫の越中守(かみ)在任中に任地におもむいている。「万葉集」に短歌11首があり,すべて家持との贈答歌である。
【格言など】逢はむ夜は何時(いつ)もあらむを何すとかかの夕(よひ)あひて言(こと)の繁きも(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものさかのうえのおおいらつめ【大伴坂上大嬢】

奈良時代の歌人。生没年不詳。宿奈麻呂(すくなまろ)の女,母は坂上郎女。家持の従妹で,のち妻となる。佐保の坂上の里に住んだのでこの名がある。750年(天平勝宝2)ころには家持の任地越中に住んだ。作品はすべて家持との贈答歌で,《万葉集》末期の小主観的傾向にとどまるものが多い。〈つき草の移ろひやすく思へかもわが思(も)ふ人の言(こと)も告げ来ぬ〉(《万葉集》巻四)。【川口 常孝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大伴坂上大嬢の関連キーワード石川郎女(2)伊保麻呂大伴黒麻呂大伴宿奈麻呂大伴田主大伴田村大嬢巨勢宿奈麻呂野氏宿奈麻呂引田宿奈麻呂藤原宿奈麻呂