コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴山守 おおともの やまもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴山守 おおともの-やまもり

?-? 奈良時代の遣唐使(けんとうし)。
遣唐大使として阿倍仲麻呂(あべの-なかまろ)らと霊亀(れいき)3年(717)唐(中国)にわたり,養老2年帰国。翌年正五位上にすすみ,遠江守(とおとうみのかみ)と按察使(あぜち)を兼任,駿河(するが)・伊豆(いず)・甲斐(かい)をふくめた4国の行政を監察した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大伴山守の関連キーワード阿倍安麻呂奈良時代遣唐大使遣唐使

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android