コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴牛養 おおともの うしかい

2件 の用語解説(大伴牛養の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴牛養 おおともの-うしかい

?-749 奈良時代の公卿(くぎょう)。
大伴吹負(ふけい)の子。和銅2年従五位下となり,翌年遠江守。のち参議,山陽西海両道鎮撫使(ちんぶし)などを歴任し,天平感宝(てんぴょうかんぽう)元年正三位,中納言となる。天平感宝元年閏(うるう)5月29日死去。名は牛飼ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴牛養

没年:天平感宝1.閏5.29(749.7.18)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。牛飼とも。大伴咋子の孫。吹負の子。和銅2(709)年従五位下に昇り,遠江守を経て,養老6(722)年には左衛士督とみえる。天平10(738)年には従四位下,摂津大夫となり,翌年参議。14年聖武天皇の紫香楽(滋賀県信楽町)行幸時には平城留守司,16年難波行幸時には兵部卿で恭仁宮留守司となる。翌年1月紫香楽遷都を宣する儀式では石上,榎井氏に代わって盾槍を立て,従三位に昇叙している。18年1月の雪の日に元正太上天皇在所の宴で詔に応じて作歌したといい,次いで山陽西海両道鎮撫使となった。天平感宝1(749)年には正三位,中納言になるが同年に没した。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伴牛養の関連キーワード大伴清縄大伴咋大伴黒麻呂大伴田主大伴千室大伴書持大伴三林大伴三依大伴村上大伴部赤男

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone