コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝謙天皇 コウケンテンノウ

8件 の用語解説(孝謙天皇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうけん‐てんのう〔カウケンテンワウ〕【孝謙天皇】

[718~770]第46代天皇。女帝。在位749~758。聖武天皇の第2皇女。母は光明皇后。名は阿倍(あべ)。橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)の乱後、淳仁天皇に譲位。上皇として僧道鏡を寵愛(ちょうあい)して天皇と対立。藤原仲麻呂の乱後、天皇を廃して重祚(ちょうそ)称徳天皇となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

孝謙天皇【こうけんてんのう】

奈良時代後期の天皇。聖武天皇の皇女で母は光明(こうみょう)皇后。749年即位。752年東大寺大仏の開眼供養を行う。758年淳仁天皇に譲位。道鏡を寵愛(ちょうあい)して淳仁天皇と不和となり,太政大臣になったいとこの藤原仲麻呂が764年に兵を起こすとこれを打破(恵美押勝(えみのおしかつ)の乱),淳仁天皇を廃し重祚(ちょうそ)し称徳天皇(764年−770年)となる。
→関連項目金山寺黒田荘淳仁天皇法王宮職

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孝謙天皇 こうけんてんのう

718-770 奈良時代,第46代天皇。在位749-758。
養老2年生まれ。聖武(しょうむ)天皇の皇女。母は光明(こうみょう)皇后。父の譲位をうけて,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)元年即位。この年2度改元。藤原仲麻呂(なかまろ)を重用する。4年東大寺大仏が完成,盛大に開眼供養した。翌年には鑑真が来日。橘奈良麻呂の変をおさめて天平宝字2年譲位。のち重祚(ちょうそ)して第48代称徳天皇。神護景雲(じんごけいうん)4年8月4日死去。53歳。別名は阿倍内親王,宝字称徳孝謙皇帝,高野天皇(たかぬのすめらみこと),高野姫尊。⇒称徳天皇
【格言など】国家の大事,賞罰の二つの柄は朕行わん(天平宝字6年の宣命)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

孝謙天皇

没年:宝亀1.8.4(770.8.28)
生年:養老2(718)
奈良時代,古代最後の女帝。2度即位した。在位は天平勝宝1(749)年7月から天平宝字2(758)年8月まで,2度目は称徳天皇として天平宝字8(764)年10月から宝亀1(770)年8月まで。名前は阿倍。高野天皇とも呼ばれる聖武天皇光明皇后の唯一の娘。天平10(738)年21歳で立太子。初の女性皇太子であるが異母弟に安積親王が存在,そのため16年の彼の急死までその地位は不安定であった。天平勝宝1(749)年聖武の譲位により32歳で即位。その治世は皇太后となった母光明子に後見され,皇太后のために新たに紫微中台が設置された。またその長官には皇太后の甥藤原仲麻呂が任じられた。4年大仏開眼天平文化は盛時を迎えるが,政界では皇太后をバックとする仲麻呂の勢力が急速に拡大,太政官をしのぐほどになった。8年聖武上皇死去。未婚の天皇の後継者問題を心配した聖武は,遺言で道祖王を皇太子に指名した。しかし翌年前左大臣橘諸兄もなくなると道祖王は廃され,代わって仲麻呂が後見する大炊王が皇太子となる。こうした動きに不満を持つ貴族たちは7月橘奈良麻呂を中心にクーデタを企てるが発覚,多数が殺された。翌天平宝字2(758)年孝謙退位。しかし即位した大炊王(淳仁天皇)は仲麻呂の傀儡であり,権力は仲麻呂(恵美押勝),皇太后,上皇が握っていた。 4年光明皇太后死去。母の後見を離れ独立した孝謙と,大師として権力をふるう仲麻呂の間は以後微妙に変化する。5年,病にふせった孝謙は看病の僧道鏡を寵愛しそれを批判した淳仁と対立,草壁嫡系を根拠に「国家の大事・賞罰」の権限を天皇からとり上げると宣言した。この動きにあせりを感じた仲麻呂は8年9月ついに挙兵した(恵美押勝の乱)。戦いは孝謙の勝利に終わり,10月淳仁を追放,孝謙が再度即位(称徳天皇)した。出家していた称徳は道鏡を太政大臣禅師,天平神護2(766)年には法王とし専政的政治を行った。しかし連年の飢饉の中,後継者が定まらないことから政情は不安定で,陰謀事件があいついだ。神護景雲3(769)年称徳は道鏡を皇嗣とするために宇佐八幡の神託を利用しようとするが失敗。翌年亡くなる

(西野悠紀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうけんてんのう【孝謙天皇】

718‐770(養老2‐宝亀1)
第46代に数えられる奈良後期の女帝。在位749‐758年。のち重祚して第48代に数えられる称徳天皇。在位764‐770年。聖武天皇の皇女,母は光明皇后,諱(いみな)は阿倍,高野天皇ともいう。738年(天平10)1月はじめて未婚の女性ながら立太子,皇太子学士吉備真備について学び,743年の5月5日には内裏で五節舞を舞った。749年(天平勝宝1)7月聖武天皇の譲位によって即位したが,実権は,紫微中台(しびちゆうだい)を設け藤原仲麻呂を紫微令に任じた母の光明皇太后が掌握していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうけんてんのう【孝謙天皇】

718~770) 第四六代天皇(在位749~758)。名は阿倍あべ・高野姫尊。聖武天皇の皇女。母は光明皇后。在位中に東大寺大仏を開眼。従兄の藤原仲麻呂を重用したが、のち道鏡を寵愛し、仲麻呂らの反乱を招いた。764年、重祚ちようそして称徳天皇となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝謙天皇
こうけんてんのう

称徳天皇」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孝謙天皇
こうけんてんのう
(718―770)

第46代とされる天皇(在位749~758)。女帝。重祚(ちょうそ)して第48代称徳(しょうとく)天皇(在位764~770)となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の孝謙天皇の言及

【安積親王】より

…同腹の姉妹に井上内親王,不破内親王がある。聖武天皇の正妻光明子は藤原不比等の女で718年(養老2)阿倍内親王(のちの孝謙天皇)を,727年閏9月29日に基親王を生んだ。基親王は同年11月2日に皇太子に立てられたが翌年9月13日に没した。…

【宇佐八幡宮神託事件】より

…769年(神護景雲3)大宰府管内豊前国の宇佐八幡神が僧道鏡を天皇にしたならば天下太平ならんと,称徳天皇に神託を奏上した事件。宇佐八幡宮の起源は不明だが,正史では《続日本紀》に737年(天平9)新羅の無礼を八幡神に告げたとあるのが初見。745年ころから同神が東大寺大仏の建立を助け,とくに銅と黄金の入手を助けたと信ぜられ,朝廷の崇敬を得た。750年(天平勝宝2)には封戸1400戸,位田140町が施入され,伊勢神宮をしのぎ,全神社中第1位を占める厚い崇敬を得た。…

【恵美押勝の乱】より

…奈良時代に恵美押勝(藤原仲麻呂)が起こした反乱。橘奈良麻呂の変を未然に鎮圧した藤原仲麻呂は,早世した長男真従の妻であった粟田諸姉をめあわせた大炊王を淳仁天皇として擁立し,またみずからを恵美押勝と称すること,私的に銭貨を鋳造し出挙(すいこ)を行うこと,および恵美家の印を任意に公的に用いることを許された。そして太保(右大臣),ついで太師(太政大臣)に進み,位階もついには正一位に達し,その間中国の唐を模倣したさまざまな重要施策を実行に移した。…

【道鏡】より

…奈良後期の政治家,僧侶。俗姓弓削連。河内国若江郡(現,八尾市)の人。出自に天智天皇皇子志貴(施基)皇子の王子説と物部守屋子孫説の2説がある。前者は《七大寺年表》《本朝皇胤紹運録》等時代の下る書に見える。後者は《続日本紀》天平宝字8年(764)9月甲寅条の詔に〈この禅師の昼夜朝庭を護り仕え奉るを見るに先祖の大臣として仕へ奉りし位名を継がむと……〉とある。前者の説は,河内若江郡と志紀郡と両方に弓削氏の氏神式内社弓削神社があり,弓削一族が志紀郡に居住していたことから付会されたものか。…

※「孝謙天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

孝謙天皇の関連キーワード女帝天応宝亀最後の最後最後の一葉古代最中最後の女女帝 花舞エカチェリナ[2世]和乙継

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孝謙天皇の関連情報