コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴部真足女 おおともべの またりめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴部真足女 おおともべの-またりめ

?-? 奈良時代の女性。
檜前石前(ひのくまの-いわさき)の妻。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)夫が防人(さきもり)として武蔵(むさし)那珂郡(埼玉県)から筑紫(つくし)へ派遣されたときよんだ歌1首が「万葉集」巻20にある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大伴部真足女の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android