コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉精一 おおくら せいいち

1件 の用語解説(大倉精一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉精一 おおくら-せいいち

1905-1974 昭和時代後期の政治家。
明治38年12月25日生まれ。昭和22年全日通労組中央執行委員長,全交運副議長となる。中央労働基準委員などをつとめたのち,28年参議院議員(当選3回,社会党)。参議院運輸委員長などを歴任。日通事件で46年離党した。昭和49年8月14日死去。68歳。三重県出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大倉精一の関連キーワードポルトガル文学竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府光の科学史藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー日活(株)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone