コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友主 おおともぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友主 おおともぬし

日本書紀」にみえる豪族。
素戔嗚尊(すさのおのみこと)の11代の子孫。大御気持命と出雲鞍山祇姫(いずものくらやまつみひめ)の子。三輪(みわ)氏の祖。垂仁(すいにん)天皇3年新羅(しらぎ)(朝鮮)の王子天日槍(あめのひぼこ)が渡来して播磨(はりま)(兵庫県)にいたとき,派遣されて尋問した。仲哀天皇の死去に際し宮中をまもったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大友主の関連情報