コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大司教に死は来る だいしきょうにしはきたる Death Comes for the Archbishop

1件 の用語解説(大司教に死は来るの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大司教に死は来る
だいしきょうにしはきたる
Death Comes for the Archbishop

アメリカの女流作家ウィラ・キャザーの小説。 1927年刊。 19世紀中頃のニューメキシコ地方を背景に,伝道事業に従う2人のカトリック神父,ラトゥールとバイアンの困苦に満ちた生涯を,いまや大司教となって死を迎えつつあるラトゥールが昔を振返るという形で語ったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大司教に死は来るの関連キーワードアメリカの声キャザーギャザーアメリカン女流作家アメリカの夢おお、開拓者よ!私のアントニーアアメリカの影おとなしいアメリカ人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone