大和古印(読み)やまとこいん

精選版 日本国語大辞典の解説

やまと‐こいん【大和古印】

〘名〙 飛鳥・奈良・平安時代に製作された印章。また、その印影。鋳銅で方形のものが多いが、稀に円形や隅取四角形(八角形)のものもある。書体は篆書体のほか隷書体を加味した雅趣のあるものを典型とし、私印には稀に楷書体もある。令に大きさを規定する公印、すなわち内印・外印・諸司印・国印のほか、郡印・郷印・諸社寺印などの準公印、家や個人の持つ私印などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android