コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大唐内典録 だいとうないてんろくDa-tung neidian-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大唐内典録
だいとうないてんろく
Da-tung neidian-lu

中国,唐の高宗の麟徳1 (664) 年西明寺で編集された『一切経』の目録。『内典録』と略称される。澄照律師道宣撰述。 10巻。後漢から麟徳1年までの 600年間の訳経論を録出したもので,隋の三大経録『歴代三宝紀』『法経録』『仁寿録』の長所を収め,短所を整理して作成されたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいとうないてんろく〔ダイタウナイテンロク〕【大唐内典録】

中国、唐代の仏教書。10巻。道宣編。664年成立。「歴代三宝紀」「法経録」「仁寿録」や西明寺の蔵経を参照して編集した一切経の目録。後漢以後の経典を集録。内典録。道宣録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大唐内典録の関連キーワード内典・外典

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android