コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大唐内典録 だいとうないてんろくDa-tung neidian-lu

2件 の用語解説(大唐内典録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大唐内典録
だいとうないてんろく
Da-tung neidian-lu

中国,唐の高宗の麟徳1 (664) 年西明寺で編集された『一切経』の目録。『内典録』と略称される。澄照律師道宣の撰述。 10巻。後漢から麟徳1年までの 600年間の訳経論を録出したもので,隋の三大経録『歴代三宝紀』『法経録』『仁寿録』の長所を収め,短所を整理して作成されたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいとうないてんろく〔ダイタウナイテンロク〕【大唐内典録】

中国、唐代の仏教書。10巻。道宣編。664年成立。「歴代三宝紀」「法経録」「仁寿録」や西明寺の蔵経を参照して編集した一切経の目録。後漢以後の経典を集録。内典録。道宣録。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大唐内典録の関連キーワード甲子の宣ミャンマーの民主改革ミャンマー総選挙(2015年)玄奘長崎県の山城全国の待機児童消費増税の延期玄奘基肄城水城

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone