コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴代三宝紀 れきだいさんぼうき Li-dai san-bao-ji

2件 の用語解説(歴代三宝紀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴代三宝紀
れきだいさんぼうき
Li-dai san-bao-ji

中国,隋の費長房の著。 15巻。開皇 17 (597) 年成立。仏教渡来から隋までの仏教について記した書。訳経 2146部を分類し,訳者 197人の略伝を記した。入蔵録2巻は大蔵経に収めるべき規準として唐代の諸経録の範とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歴代三宝紀
れきだいさんぽうき

中国、隋(ずい)代の仏教書。15巻。費長房(ひちょうぼう)の撰(せん)。『三宝紀』『長房録』『開皇録』などともいう。597年(開皇17)に完成。後漢(ごかん)から隋代に至る間の訳経を歴代別に分類し、訳者の伝を記し、兼ねて三宝弘通(ぐつう)の史実を述べたもの。費長房は廃仏事件に遭遇した体験をもつため、護法精神も強かった結果、博引旁証(ぼうしょう)に努め、従来のいっさいの経録を直接間接に引用することが多い。今日、名のみ伝わる経録はすべてこの書によってのみ参照しうる、という長所をもつ。しかし、いっさいの経録を無批判に収めたため、玉石混淆(こんこう)である難点をももつ。唐代の諸経目録の範とされ、多く信頼を得ている『開元釈教録(かいげんしゃくきょうろく)』(開元録)が価値ある成績をあげえたのも、この書によるところが多いと考えられる。[丘山 新]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歴代三宝紀の関連キーワード進藤長房費長房北史明実録一壺天壺中の天地事文類聚東京都八王子市長房町高熲開皇の治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone