大喬小喬(読み)たいきょうしょうきょう

精選版 日本国語大辞典「大喬小喬」の解説

たいきょう‐しょうきょう タイケウセウケウ【大喬小喬】

中国、三国時代呉の喬公の二人の娘。姉を大喬、妹を小喬といい、ともに美貌で兵書を好んだ。孫策、周瑜は皖城を攻略して、孫が大喬、周が小喬を妻とした。画題として二女が兵書を読む図が描かれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android