コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周瑜 しゅうゆ Zhou Yu; Chou Yü

4件 の用語解説(周瑜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周瑜
しゅうゆ
Zhou Yu; Chou Yü

[生]嘉平4(175)
[没]建安15(210)
中国,三国時代の武将。字は公瑾。廬江 (安徽省) の人。早くから孫氏に従った。建安 13 (208) 年,華北をほぼ平定した曹操が南下しようとした際,呉では降伏論が盛んであったが,瑜は戦いを主張し,軍を率いて曹操の大軍を赤壁で破った (→赤壁の戦い ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ゆ〔シウ‐〕【周瑜】

[175~210]中国、三国時代の武将。字(あざな)は公瑾(こうきん)。廬江舒(安徽(あんき)省)の人。孫権に従い、赤壁の戦い曹操の大軍を破った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅうゆ【周瑜】

175~210) 中国、三国時代の呉の武将。字あざなは公瑾。孫権を助け呉の建国の基礎を築いた。208年赤壁の戦いで曹操を破ったが、四川攻略直前に病死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周瑜
しゅうゆ
(175―210)

中国、三国呉(ご)の功臣。字(あざな)は公瑾(こうきん)。廬江舒(ろこうじょ)(安徽(あんき)省舒城県)の人。呉の建国者孫権の父孫堅(そんけん)が董卓(とうたく)討伐の義兵をおこすと、これに従った。周瑜は同じ年齢の孫堅の子孫策とは兄弟同様の親交があり、協力して江東地区の掌握に努めた。孫策の弟の孫権がたつと、張昭とともに補佐し、呉国建国の基礎を築いた。208年、魏(ぎ)の曹操(そうそう)が荊州(けいしゅう)北部を併合すると、呉では降服論が大勢を占めていたが、周瑜はひとり主戦論を唱え、蜀(しょく)の劉備(りゅうび)と同盟を結び、赤壁で曹操の軍船を焼討ちして、魏軍を敗退させた。周瑜はまた荊州における劉備の勢力拡大を警戒し、巴蜀(はしょく)の領有を進言したが、四川(しせん)攻略を前にして病死した。[上田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周瑜の関連キーワード建安七子嘉平次平建安建安体没・歿勃・歿・没三角数おさが・嘉平次建安県

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周瑜の関連情報