コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大嘗会屏風 だいじょうえびょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大嘗会屏風
だいじょうえびょうぶ

大嘗会は天皇が即位後初めて行う新嘗 (にいなめ) 祭のことで,その際行われる悠紀 (ゆき) の節会主基 (すき) の節会に用いる屏風をいう。 10世紀頃に始り毎回,当時第一流の歌人,画家,書家により新造された。両節会とも,やまと絵屏風6帖と本文屏風4帖を用いるのが普通。やまと絵屏風は,神穀を献じる悠紀,主基の国郡から勘申された諸名所を主題とした歌を作って色紙形に書き,その意を図絵したもの。また本文屏風は中国の典籍から瑞祥にちなんだ文章を抜き出してその意を図絵し,本文を色紙形に書入れた唐絵であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大嘗会屏風の関連キーワード藤原顕輔土佐光芳日野資実土佐光淳平兼盛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android