コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悠紀/斎忌/由基 ユキ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐き【悠紀/斎忌/由基】

《「斎(ゆ)酒(き)」で、神聖な酒の意。それを奉る地というところから》大嘗祭(だいじょうさい)のとき、新穀・酒料を献上すべき第一の国郡。また、そのときの祭場。→主基(すき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の悠紀/斎忌/由基の言及

【大嘗祭】より

…これらによる大嘗祭の大略は次のようである。(1)即位の年の4月,悠紀(ゆき)国・主基(すき)国(悠紀・主基)の卜定。(2)大嘗祭の年8月,大祓(おおはらえ)。…

【悠紀・主基】より

…〈ゆき〉は斎忌,由基,〈すき〉は次,須伎などとも記す。悠紀国,主基国の斎田の新穀が,それぞれ大嘗宮の東の悠紀殿,西の主基殿で神饌に供された。悠紀・主基の国郡は卜定によって選ぶのが原則で特定されていなかったが,平安中期以降は悠紀は近江国,主基は丹波国と備中国が交互に選ばれ,郡のみが卜定された。…

※「悠紀/斎忌/由基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

悠紀/斎忌/由基の関連キーワード悠紀・斎忌・由基抜き穂・抜穂鈴鹿 正静悠紀・主基大嘗会屏風鈴鹿正静土佐光時土佐光弘稲舂き歌中原吉久土佐光芳主基の国中臣寿詞主基・次豊明節会軒廊御卜中原景弘小野美材抜穂の使国郡卜定

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android