新嘗(読み)にいなめ

精選版 日本国語大辞典「新嘗」の解説

にい‐なめ にひ‥【新嘗】

〘名〙 内裏で、大嘗祭を行なう年を除いて、毎年陰暦一一月の卯の日に行なわれる儀。その年の新穀を諸に供え、天皇自身も食する。にいなえ。にいあえ。にわなえ。にわない。にわのあい。
※続日本紀‐神護景雲三年(769)一一月二八日・宣命「今勅はく、今日は新嘗のなほらひの豊の明聞しめす日に在」

しん‐じょう ‥ジャウ【新嘗】

〘名〙 (「しんしょう」とも) 、その年に新たにとれた穀物を供えて神をまつり、天皇みずからもそれを食すること。にいなめ。
続史愚抄‐後桜町天皇・宝暦一二年(1762)一一月九日「此日於神祇官代新甞御祈

にわ‐ない にはなひ【新嘗】

〘名〙 (「にわのあい」の変化した語) =にいなめ(新嘗)
書紀(720)用明二年四月(図書寮本訓)「磐余河上(かみ)に御新嘗(ニハナヒ)す」

にわ‐の‐あい にはのあひ【新嘗】

※書紀(720)仁徳四〇年是歳(前田本訓)「是歳、新嘗(ニハノアヒ)(〈別訓〉にはなひ)の月に当(あた)りて」

にい‐なえ にひなへ【新嘗】

※延喜式(927)一(一条家本訓)「凡践祚大嘗祭為大祀。祈年。月次。神嘗(かむなへ)。新嘗(ニヒナヘ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「新嘗」の解説

新嘗【にいなめ】

新穀を神に供する祭事。斎戒してこれを行う。記紀にも〈にいなめ〉の語がみえており,当時の最も神聖な行事の一つであった。現在は宮中と出雲大社新嘗祭が伝承されている。→大嘗祭
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「新嘗」の解説

しん‐じょう〔‐ジヤウ〕【新×嘗】

《「しんしょう」とも》秋に新しくとれた穀物を神に供えて天皇みずからもそれを食べること。にいなめ。

にわ‐ない〔にはなひ〕【×嘗】

にいなめ(新嘗)」に同じ。
天照大神の―きこしめす時を見て」〈神代紀・上〉

にい‐なえ〔にひなへ〕【新×嘗】

しんじょう(新嘗)」に同じ。
「新粟(わせ)の―して」〈常陸風土記

にい‐なめ〔にひ‐〕【新×嘗】

《「にいなえ」の音変化》「しんじょう(新嘗)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android