色紙形(読み)しきしがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色紙形
しきしがた

主として大画面絵画の上端あるいは画中に,色紙のような紙を張るか,もしくは直接顔料によって長方形に彩色し,絵の主題を書込む場所としたもの。平安時代から行われた。仏教的絵画では経文説話の一節を書く。法隆寺絵殿にあった『聖徳太子絵伝』のように絵解きに利用されるものもあった。世俗画では,唐絵には漢詩文 (本文) を,やまと絵には和歌を書込むのが普通。障屏画にみられる色紙形は,形式上では鎌倉時代まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しきし‐がた【色紙形】

短冊形に対して、正方形に近い四角形。
屏風(びょうぶ)や障子に色紙の形を貼ったり輪郭を施したりして、そこに詩歌などを書いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきしがた【色紙形】

正方形に近い形。短冊形に対していう。
色紙の形を屛風びようぶ・襖ふすまなどに書き、その中に詩歌などを書いたもの。 「御障子に歌・絵どもかかせ給ひし-を/大鏡 実頼

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しきし‐がた【色紙形】

〘名〙
① 短冊(たんざく)形に対し、正方形に近い四角形をいう。しきし。
② 屏風(びょうぶ)、障子などに色紙の形に切った紙を貼ったり、色紙の形を描いて彩色などを施して、詩、歌、文などを書いたもの。しきし。
※小右記‐長保元年(999)一〇月三〇日「右大弁行成書屏風色紙形
※今鏡(1170)五「御堂のしきしがたなども書き給ふとぞ聞ゆる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の色紙形の言及

【色紙】より

…平安時代中期から鎌倉時代にかけて,屛風,障子にかかれた風景画などの上方に,その風景にちなむ和歌を書いた色紙をはって,絵にはあらわれていない余情をそえることが盛んに行われた。このように用いられた色紙をとくに〈色紙形(しきしがた)〉とよぶ。ときには,画面にじかに色紙大の輪郭を作って色を塗り,それに和歌を書いて色紙をはったように見せている場合もあり,それをも色紙形という。…

※「色紙形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android