大壁造り(読み)おおかべづくり

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

おおかべづくり【大壁造り】

木造建築で、壁におおわれて柱が見えない構造。洋風建築に多い。壁が厚くなるので、その間に構造補強材の筋交(すじか)いや、断熱・吸音材を納めることができる。日本では土蔵や城郭にみられる塗籠(ぬりごめ)などがこの形式。⇔真壁(しんかべ)造り

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android