吸音材(読み)きゅうおんざい(英語表記)sound absorbing material

日本大百科全書(ニッポニカ)「吸音材」の解説

吸音材
きゅうおんざい
sound absorbing material

のエネルギーを部分的に熱エネルギーなどに変換する材料。室内騒音を低下させたり、室内音響計画における残響時間の調整、エコーの減少に寄与する。吸音機構により次の区分がある。

(1)テックスグラスウールロックウールなど多孔質あるいは繊維状の材料。中の空気が音波で振動し、その結果生じた摩擦により音のエネルギーが熱エネルギーとなって吸収されるもので、高音に適する。

(2)弾性の多孔質材料。音波で材料自体が振動し、おもに内部粘性で吸収するもので、低音および高音に適する。

(3)剛壁とある間隔を置いて設置された薄板。音波で薄板が振動し、空間内部、取り付け部の損失で吸収するもので、低音に適する。

(4)剛壁とある間隔を置いて設置された孔(あな)あきの板。板自体は音波でほとんど振動せず、孔部の空気が裏側空間をスプリングとして振動し吸収するもので、おもに低音に適する。

(5)内部に広がりをもつ大きな穴を有する材料。音波で穴入口部の空気が穴内の空気をスプリングとして振動し吸収するもので、低音に適する。

[坪内信朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「吸音材」の解説

吸音材
きゅうおんざい
sound-absorbing material

吸音率の大きい物質または材料。物質としてはグラスウール,ロックウール,フェルトなど,また材料としては木毛板,石綿板,孔あきテックス板などがあり,騒音の吸収や残響の調節などに建築部材 (天井壁面用) として使われる。音楽室や演奏会場などでは,完全吸音より若干の残響のあるほうがよいから,設計上,室の天井や壁面の形状とともに,吸音材の使用の仕方が大切な要素になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「吸音材」の解説

きゅうおん‐ざい キフオン‥【吸音材】

〘名〙 音を反射させないで、吸収する性能の大きい建築材料。多くは、多孔質または繊維質で、テックス、フェルト、グラスウール、ロックウールなど。吸音材料

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「吸音材」の解説

きゅうおん‐ざい〔キフオン‐〕【吸音材】

音をよく吸収する建築材料。室内騒音の軽減、音楽施設での残響時間調節などのために使用される。フェルト・テックス・グラスファイバーなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android