コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塗籠 ぬりごめ

4件 の用語解説(塗籠の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ぬりごめ【塗籠】

おもに近世以前の建物で、土などを厚く塗り込んだ壁で囲まれた部屋のこと。初期の寝殿造りでは寝室として使われた。一般の民家では、就寝のほか衣類や調度を保管する部屋として用いられ、近世に入り、納戸(なんど)などと呼ばれた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塗籠【ぬりごめ】

厚く塗った壁で囲い妻戸によって出入りする部屋。寝殿造においては寝室にあたり,内裏(だいり)清涼殿では夜の御殿(おとど)と呼ばれた。のち江戸時代には,衣服・調度等の物品を収納する部屋にも使用。
→関連項目大壁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぬりごめ【塗籠】

日本の伝統的建築において,柱や軒などの木部の外壁まで土壁で覆う工法をいう。平安時代寝殿造では主屋の一部に壁で囲った部屋が設けられていた。これは塗込(ぬりごめ)と呼ばれ,内裏の清涼殿で天皇が用いるものは夜御殿(よるのおとど)といわれた。しかし,その実際の形式・構造はわかっていない。桃山時代以降は,西日本では住宅の密集する町家建築の外壁を塗籠にし,防火的な配慮を加えていた。寝室土蔵造【鈴木 充】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塗籠
ぬりごめ

周囲を壁で塗り込めた部屋。寝室や納戸に使われた。平安時代の寝殿造では、寝殿や対屋(たいのや)の母屋(もや)の端2間四方をくぎって塗籠とした例がよくみられる。御簾(みす)、障子(現在の襖(ふすま))、屏風(びょうぶ)など、開放的な間仕切りが中心となる寝殿造の中で、壁や妻戸(両開きの板戸)で囲まれた塗籠は、閉鎖的で暗い場所を寝室とする古くからの習慣が残ったものであろう。しかし、平安中期には母屋や庇(ひさし)に帳台(ちょうだい)を置いて寝所とし、塗籠は納戸として使うようになった。『源氏物語』「夕霧」には、特殊な状況として、女性が求婚者を避けるために、塗籠を寝所とする場面が描かれている。ただし、民家では近世に至るまで寝室として用いられた。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塗籠の言及

【倉∥蔵】より

…また,柱に太い溝を彫り,上から厚い板を落とし込み,上部を桁で固める〈落し造り〉の板倉も,関西地方から中部・関東地方の山間部の農家でよく使われていた。
[塗籠]
 室町時代の京都では,質屋や金貸しを業務とした土倉(どそう)が数多くあったことが知られている。しかし,室町時代末期の《洛中洛外図屛風》に描かれた京都の町家を見ると,板葺き屋根の粗末な建物ばかりで倉らしい建物はまったく見当たらない。…

【住居】より

…(c)1043年(長久4)から1166年(仁安1)まで藤原氏の邸宅として使われた東三条殿の寝殿は,6間×2間の身舎の四周に庇をまわし,北側にはさらに孫庇が設けられていた。身舎(母屋)(もや)は東端2間を妻戸(扉)で閉じて塗籠(ぬりごめ)とし,北庇と西庇は障子(現在いう襖)や遣戸(やりど)で小部屋に仕切られている。身舎の西4間板張床の広い部屋で,中を屛風や几帳(きちよう)で適当に仕切って日常の生活を行った。…

【寝室】より

…平安時代の末期から鎌倉時代になると,寝殿の奥に,床を一段高くし,両脇に幅の狭い袖壁をつけ,帳を垂れ,中に茵や衾を置いた部屋が絵巻物に描かれ,帳台を作り付けにしたものと考えられる。そのほか平安時代には,塗籠(ぬりごめ)が寝場所として使われるという叙述もあり,塗籠が寝室にあてられたという見方もある。しかし,塗籠の具体的な形は不明であり,それが納戸的なものであれば,寝室として使ったのは副次的な用法であったと考えられる。…

【寝殿造】より

…そして日常生活に必要な樋殿(ひどの)(便所)や湯殿(浴室)などの設備もそれぞれ別個に設けられ,食事さえ別々に行われた。寝殿の内部(母屋)には塗籠(ぬりごめ)と呼ばれる寝室のみが部屋として間仕切られていたが,これもしだいに形骸化し,寝殿の中央近くに置かれた帳台が寝所となった。帳台の近くには畳を敷き,上に茵(しとね)を置いて昼の居所とし,その周囲には厨子棚や二階棚を置いて日用品を収納した。…

※「塗籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塗籠の関連キーワード楽器日本建築武道清家清国劇伝統的建造物群伝統的建造物群保存地区日本刺繍吹抜けノルドグレン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塗籠の関連情報