コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大夫典侍 たいふのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大夫典侍 たいふのすけ

?-1126 平安時代後期の女官。
神祇伯(じんぎはく)康資(やすすけ)王の娘。はじめ後冷泉(ごれいぜい)天皇の皇后藤原寛子(かんし)につかえ,のち堀河天皇の後宮にはいり,康和元年悰子(そうし)内親王を生んだ。大治(だいじ)元年7月死去。名は仁子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大夫典侍の関連キーワード神祇伯女官

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android