コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宮アルディージャ オオミヤアルディージャ

デジタル大辞泉の解説

おおみや‐アルディージャ〔おほみや‐〕【大宮アルディージャ】

日本プロサッカーリーグのクラブチームの一。ホームタウンはさいたま市。昭和44年(1969)発足の電電公社NTT)関東サッカー部が前身。平成10年(1998)に改称し、翌年Jリーグに参加。
[補説]「アルディージャ」はスペイン語のリスアルディーリャ)に由来。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

大宮アルディージャ

スペイン語で「リス」(大宮市〔現さいたま市〕のマスコット的存在だった)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大宮アルディージャ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。1999年に加盟。埼玉県を活動区域とする。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大宮アルディージャ
おおみやあるでぃーじゃ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。欧文表記はOMIYA ARDIJA。法人名は「エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社」。埼玉県さいたま市をホームタウンとし、埼玉県を活動区域としている。ホームスタジアムはNACK5スタジアム大宮(収容人員1万5300)。チーム名のアルディージャは「リス」を意味するスペイン語。大宮市(現、さいたま市)のマスコット的存在であるリスをチーム名とした。マスコットもリスで愛称は「アルディ」と「ミーヤ」。エンブレムに表現されている5本のラインは、スピードに乗った攻撃力と、シマリスの背中の模様と、五街道の一つである中山道(なかせんどう)がさいたま市内を走ることを意味する。クラブカラーはオレンジ。
 1969年(昭和44)電電関東サッカー部として創部。1974年に関東リーグ昇格を果たす。1985年にチーム名をNTT関東サッカー部と改称し、1987年に日本サッカーリーグ二部に昇格。1992年(平成4)にはJFL二部に参加した。1998年(平成10)にはチーム名を大宮アルディージャに改称するとともに、運営母体となるエヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社を設立。1999年からJリーグディビジョン2(J2)に参加し、2005年にディビジョン1(J1)への昇格を果たした。[中倉一志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大宮アルディージャの関連キーワードJ1への自動昇格と昇格プレーオフホルヘ・ルイス・デリー バルデスミリヴォイェ ノヴァコヴィッチロバート ファーベークペドロ・ジュニオールクレメン ラフリッチピム ファーベークロドリゴ グラウデニス・マルケス秋葉の森総合公園キム ヨングンマルキーニョス大宮VS.浦和アン ヨンハッイ チョンスチョン テセレアンドロ佐々木則夫ラファエルジェーツー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大宮アルディージャの関連情報