大寒小寒(読み)オオサムコサム

デジタル大辞泉の解説

おおさむ‐こさむ〔おほさむ‐〕【大寒小寒】

[連語]冬の寒さのきびしいときや雪の散らつくようなときに子供のうたう童歌(わらべうた)の出だし。次に「山から小僧が飛んできた」などと続く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおさむこさむ【大寒小寒】

寒いときに子供が歌う童わらべ歌の一節。下に「山から小僧が飛んで来た」「猿のべべ借りてきしょ」などの歌詞がつづく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大寒小寒の関連情報