大山 柏(読み)オオヤマ カシワ

20世紀日本人名事典の解説

大山 柏
オオヤマ カシワ

大正・昭和期の考古学者,公爵 大山史前学研究所代表;貴院議員。



生年
明治22(1889)年6月2日

没年
昭和44(1969)年8月20日

出生地
東京市

出身地
鹿児島県

学歴〔年〕
陸士(第22期)〔明治43年〕卒

学位〔年〕
文学博士(慶応義塾大学)〔昭和22年〕

経歴
大山巌元帥の二男。陸軍大学校図書室に勤め戦史研究に従事小金井良精、松村瞭らの指導で先史学を研究。大正5年公爵を襲爵。12年渡欧、H・オーベルマイヤーらに師事し、旧石器時代の研究とヨーロッパ先史学を学んだ。帰国後の15年青山の邸内に大山史前学研究所を設立。昭和2年陸軍少佐、3年退役。4年史前学会を興し「史前学雑誌」を発刊、関東地方縄文文化編年研究などに従事。神奈川県勝坂遺跡の調査で縄文中期の打製石斧を土掘りの用具と推定した。ヨーロッパ先史学の紹介と日本の旧石器について体系化を図ったが、果たさぬまま18年軍務に復帰、のち施設、文献などすべて空襲に焼かれた。戦後は那須で農場を経営。著書に「基礎史前学」「欧州旧石器時代」「史前芸術」「戊辰役戦史」(上 下)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android