コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山宏 おおやま ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山宏 おおやま-ひろし

1870-1953 明治-昭和時代の郷土史研究家。
明治3年4月1日生まれ。秋田中学教諭をつとめるかたわら,安藤和風(はるかぜ)らと秋田史談会を結成する。秋田県史跡名勝天然記念物調査委員や「秋田方言」の編集主任などをつとめた。昭和28年4月3日死去。83歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。鳥取師範卒。著作に「秋田城址について」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大山宏の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android