コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤和風 あんどう わふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤和風 あんどう-わふう

あんどう-はるかぜ

安藤和風 あんどう-はるかぜ

1866-1936 明治-昭和時代前期の新聞人,俳人。
慶応2年1月12日生まれ。明治15年秋田日報に入社。のち自由民権運動に参加。31年秋田魁(さきがけ)新報にはいり,主筆兼常務取締役をへて昭和3年社長。また俳人としても活躍した。昭和11年12月26日死去。71歳。出羽(でわ)秋田出身。私立東京商業卒。幼名は国之助。号は和風(わふう),柳外,時雨庵。句集に「旅一筋」「くち葉」など。
【格言など】落ちし皿破(わ)れしかに響く寒さ哉(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安藤和風

没年:昭和11.12.26(1936)
生年:慶応2.1.12(1866.2.26)
明治大正昭和期の新聞記者,経営者。秋田藩士安藤和市,イクの長男。幼名は国之助。明治17(1884)年,和風と改名。「わふう」という読みは通称。楢山学校,県立秋田太平学校中学師範予備科,講習学舎に学ぶ。『秋田日日新聞』『秋田日報』の記者を経て,31年秋田新報社へ入社。翌年には,秋田市会議員に補欠当選する。34年,『秋田魁新報』記者となり,大正12(1923)年常務取締役,昭和3(1928)年に社長となった。俳諧の研究書や句集を多く著し,郷土史研究にも情熱を傾けた。著書に『俳諧研究』,句集『旅一筋』,『秋田の土と人』などがある。<参考文献>秋田魁新報社編『新聞人・安藤和風』

(井川充雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

安藤和風の関連キーワード田口 松圃1月12日斎藤 蕗葉大山 宏斎藤蕗葉大山宏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android