コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大峰奥駈道 オオミネオクガケミチ

デジタル大辞泉の解説

おおみね‐おくがけみち〔おほみね‐〕【大峰奥駈道】

奈良県の吉野山和歌山県熊野三山を結ぶ道。修験者修行道。熊野古道の中でも険しい道として知られる。靡(なびき)と呼ばれる75か所の修行場が設けてあり、ここを順に修行して歩く。熊野本宮大社の本宮証誠殿(1番)から吉野川河岸の柳の宿(75番)へ向かうのを順峰(じゅんぷ)、その逆に巡るのを逆峰(ぎゃくふ)という。平成16年(2004)「紀伊山地霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大峰奥駈道の関連キーワード奈良県

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android