コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野古道 クマノコドウ

3件 の用語解説(熊野古道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くまの‐こどう〔‐コダウ〕【熊野古道】

熊野街道

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

熊野古道

三重、和歌山、奈良3県にまたがる「紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいみち)」が2004年7月7日、ユネスコ世界遺産「文化遺産」として登録された。豊かな自然と、信仰を中心にした営みが生んだ景観が評価された。熊野古道はその一つで、熊野三山(本宮大社、速玉大社、那智大社)に参る道。伊勢から熊野への伊勢路では、16の峠付近や浜辺の道が登録されている。

(2014-07-08 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊野古道
くまのこどう

和歌山県南部の熊野三山への参詣(さんけい)路。紀伊山地をたどる遠隔参詣路で、その道筋はさまざま。熊野街道ともいう。京から難波(なにわ)を経て海岸沿いに田辺(たなべ)へ、田辺から山間を本宮に至るのが紀伊(きい)路で、途中遙拝(ようはい)休憩のための九十九王子社が設けられていた。紀伊路は田辺から山間をたどる中辺路(なかへち)と、さらに海岸を伝う大辺路(おおへち)に分かれる。伊勢(いせ)を回る伊勢路、十津川(とつかわ)路、北山(きたやま)路、高野山(こうやさん)を経る高野路、大峰(おおみね)山中をたどる修験の峰入(みねいり)路などがある。2004年(平成16)「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊野古道の関連キーワードかつらぎ町紀伊山地和歌山市紀伊南紀和歌山和歌山[県]世界遺産としての熊野古道和歌山県和歌山市岩橋和歌山県和歌山市谷町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊野古道の関連情報