コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊山地 きいさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀伊山地
きいさんち

近畿地方南部,紀伊半島を構成する山地紀ノ川櫛田川を結ぶ中央構造線以南の西南日本外帯に属し,和歌山県,三重県,奈良県にまたがる。地質は北から古生層,中生層,古第三紀層と順に帯状に並ぶ。山地の中央部は十津川北山川の谷によって護摩壇山(1372m)を含む大和山脈八剣山仏経ヶ岳,1915m)を含む大峰山脈大台ヶ原山(1695m)を含む台高山脈の 3山脈に分かれる。河川は構造線に従い,紀ノ川,有田川日高川が西流,宮川,櫛田川は東流,古座川熊野川はほぼ南流する。山地は壮年期の山容を示し,山地内には盆地や谷底平野などの平地がほとんどない。しかし山頂には大台ヶ原山,高野山などに前輪廻(→浸食輪廻)の平坦面を残す隆起準平原が見られる。河川も日高川や瀞峡のある北山川など先行性の下刻曲流をなすものが多い。この特徴は山地が海に沈む海岸にも現れ,熊野灘には典型的な海岸段丘が発達。海食台地の潮岬には陸繋島の地形が見られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きい‐さんち【紀伊山地】

紀伊半島の大半を占める山地。山容は壮年期地形の険しさを示す。最高峰大峰山にある八剣山(はっけんざん)で、標高1915メートル。
[補説]吉野・大峰(吉野山吉野水分神社金峰神社金峰山寺吉水神社大峰山寺)、熊野三山熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社青岸渡寺補陀洛山寺那智の滝那智原始林)、高野山(金剛峰寺丹生都比売神社丹生官省符神社慈尊院)と、その三つを結ぶ参詣道である大峰奥駈道、熊野参詣道(中辺路(なかへち)・小辺路(こへち)・大辺路(おおへち)・伊勢路(いせじ))、高野山町石道(ちょういしみち)は、平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紀伊山地【きいさんち】

紀伊半島の大部分を占める山地。紀ノ川櫛田川中央構造線以南で,西南日本外帯に属する。北から古生層,中生層,第三紀層が東西方向に帯状に分布,大部分は壮年期地形を呈し,八経ヶ岳(最高峰,1915m),大峰山,山上ヶ岳などがそびえる。
→関連項目紀伊半島奈良[県]三重[県]和歌山[県]度会[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きいさんち【紀伊山地】

近畿地方の南半分にあたる紀伊半島にひろがる山地。紀伊山地は西南日本外帯に属し,北から南へ三波川変成岩,秩父帯の中・古生層および四万十(しまんと)帯の白亜紀~第三紀層が帯状に配列している。ほぼ中央に最高峰の八剣(はつけん)山(1915m,別称仏経ヶ岳)があり,その周辺に向かってしだいに低くなっている。山地はドーム状に曲隆し,周囲は海面下に沈降している。曲隆の運動軸は六甲変動の南北方向の軸と平行するものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きいさんち【紀伊山地】

紀伊半島の大部分を占める山地。最高峰は仏経ヶ岳(海抜1915メートル)。きわめて急峻な壮年地形を呈し、森林・水資源に富む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県(奈良県・和歌山県)〕紀伊山地(きいさんち)


近畿(きんき)地方南部、紀伊半島一帯を占める山地。三重・奈良・和歌山の3県にまたがる。最高峰は山地中部の八経ヶ(はっきょうが)岳(標高1915m)。紀ノ(きの)川と櫛田(くしだ)川を結ぶ中央構造線以南の西日本外帯に属し、東に台高(だいこう)山脈、中央に大峰(おおみね)山脈、西に紀和(きわ)山脈が走る。年間降水量が4000mmを超える多雨地帯で森林が繁茂する。吉野(よしの)・熊野(くまの)・高野(こうや)は古くから山岳仏教の中心地。紀南の温泉地帯と合わせて観光客や参詣(さんけい)客が多い。吉野熊野国立公園・高野龍神(りゅうじん)国定公園に指定されており、とくに熊野本宮・同新宮・那智宮の熊野三社とその参詣道である熊野古道は2004年(平成16)、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産(文化遺産)に指定された。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀伊山地
きいさんち

近畿地方南部、紀伊半島を構成する山地。紀ノ川、櫛田(くしだ)川を結ぶ中央構造線以南の西日本外帯に属し、地層は北から古生層、中生層、第三紀漸新層と帯状に配列する。地形も地層配列の影響を受け、中央構造線の方向に並行して褶曲(しゅうきょく)山脈が東西走するが、山地中央部では、半島の最高部をなす八剣山(はっけんざん)(1915メートル)、釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)(1800メートル)などを連ねる大峰(おおみね)山脈と、その東側の高見山(1248メートル)から大台ヶ原山(1695メートル)を連ねる台高(だいこう)山脈、西側に護摩壇山(ごまだんざん)(1372メートル)などを含む紀和山脈の3列が南北走する。この間を流れる河川もその影響で紀ノ川、有田(ありだ)川、日高川、富田(とんだ)川などは西流し、櫛田川、宮川は東流するが、日置(ひき)川、古座(こざ)川、熊野川(北山川、十津(とつ)川)は南流する。山地は壮年期の険しい山容を示すが、際だった山頂はなく等高性で、大台ヶ原山や高野山(こうやさん)には山頂平坦(へいたん)面があり、山地は全体として隆起準平原の特徴を示している。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

紀伊山地の関連キーワード三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区道瀬三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区三浦三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区島原三重県北牟婁郡紀北町海山区馬瀬三重県北牟婁郡紀北町海山区相賀奈良県吉野郡十津川村玉置川三重県南牟婁郡御浜町阪本三重県熊野市紀和町楊枝川三重県熊野市紀和町矢ノ川三重県南牟婁郡御浜町神木三重県南牟婁郡御浜町川瀬奈良県吉野郡天川村洞川三重県熊野市波田須町奈良県吉野郡野迫川村三重県尾鷲市矢浜大道和歌山県伊都郡高野町三重県尾鷲市三木里町三重県熊野市磯崎町三重県尾鷲市賀田町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀伊山地の関連情報