大島 一郎(読み)オオシマ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

大島 一郎
オオシマ イチロウ

昭和期の実業家 中日新聞社主;東海テレビ放送会長。



生年
明治36(1903)年9月8日

没年
昭和60(1985)年4月21日

出生地
愛知県名古屋市

学歴〔年〕
早稲田大学政経学部経済科〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和49年〕

経歴
時事新報社を経て、昭和4年中日新聞の前身、愛知新聞社に入社、16年同社社長。翌17年中部日本新聞社(46年中日新聞社に社名変更)社長となり、20年から同社社主。以来、一貫して中日グループ総帥の地位にあった。戦前の「名古屋軍」(中日ドラゴンズの前身)代表や戦後の中日ドラゴンズ会長を務めるなどしてプロ野球の振興につくす一方、戦前からゴルフへの理解が深く、多くのクラブの役員を務めていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android