コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島研三 おおしま けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島研三 おおしま-けんぞう

1907-2008 昭和時代の内科学者。
明治40年9月24日生まれ。都立養育院付属医院医長をへて,昭和28年日大教授,41年日大付属病院長。腎臓病,動脈硬化の研究で知られ,血液透析機器の普及などにつとめた。34年日本腎臓学会を創設し理事長,49年日本動脈硬化学会会長,51年国際動脈硬化学会会長。平成20年4月1日死去。100歳。愛知県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大島研三の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android