コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎臓病 ジンゾウビョウ

3件 の用語解説(腎臓病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんぞう‐びょう〔ジンザウビヤウ〕【腎臓病】

腎臓の病気の総称。腎炎腎結石腎不全ネフローゼ尿毒症など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じんぞうびょう【腎臓病】

腎臓の疾患の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腎臓病
じんぞうびょう

腎臓の病気は実に多種多様であり、その総称が腎臓病で、内容を整然と分類して述べることは至難である。
 まず先天性の形態異常として、腎欠損および過剰のほか、発育不全、融合腎、変位腎、遊走腎、およびこれに準ずるものとして嚢胞(のうほう)腎がある。次に、通常片側におこるものとしては、おもに腎盂(じんう)に発する腎盂炎(最近はむしろ腎盂腎炎とよばれる)をはじめ、腎結石や水腎症、および腎結核、腎腫瘍(しゅよう)、寄生虫病があり、いずれも手術療法の対象となるので泌尿器科領域に属する疾患である。しかし、腎盂腎炎のようにかならずしも手術を要しないものもある。また、両側にみられる腎炎、ネフローゼ、腎硬化症などは内科的腎疾患ということができるが、腎炎でその機能が低下して尿毒症をおこした場合、人工腎臓さらには腎移植の必要が生ずれば泌尿器科と協力することが必要になる。なお、最近は交通事故や工場災害による外傷として腎損傷が増加してきた。したがって、腎疾患の場合には内科と外科が協力する必要から腎臓学という名称もでき、腎臓学会も結成されている。[加藤暎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腎臓病の関連キーワード腎不全気の病痔疾腎臓結石石淋尿石腎結石症腎疾患腎炎 (nephritis)ネフローゼ症候群 (nephrotic syndrome)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腎臓病の関連情報