コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大工業 だいこうぎょうgreat industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大工業
だいこうぎょう
great industry

機械制大工業ともいう。人間が手先を使うことによって操作される「道具」ではなく,その操作が一連の物理的機構において実現される「機械」を,体系的に利用することによって成立する生産様式。機械体系に基づく大工業は,18世紀後半から 19世紀初めにかけてイギリスにおいて世界史上初めて登場し,その後各地に起った。 19世紀末から 20世紀初めの電気や化学を中心にした技術革新,あるいは 20世紀後半に進行した情報技術の技術革新を経て,現在もなお引継がれている生産様式である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大工業の関連キーワードナベレジヌイエチェルヌイインディアナ[州]マニュファクチュアウルサン(蔚山)市タンジュンプリオクサンテティエンヌイソプロパノールセーヌサンドニ県カリフォルニア州ナラヤンガンジ北九州工業地帯問屋制家内工業清水建設[株]北九州と製造業北九州工業地域戦時共産主義総合技術教育エリー[湖]テッサロニキ工場制手工業

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大工業の関連情報