コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大工業 だいこうぎょうgreat industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大工業
だいこうぎょう
great industry

機械制大工業ともいう。人間が手先を使うことによって操作される「道具」ではなく,その操作が一連の物理的機構において実現される「機械」を,体系的に利用することによって成立する生産様式。機械体系に基づく大工業は,18世紀後半から 19世紀初めにかけてイギリスにおいて世界史上初めて登場し,その後各地に起った。 19世紀末から 20世紀初めの電気や化学を中心にした技術革新,あるいは 20世紀後半に進行した情報技術の技術革新を経て,現在もなお引継がれている生産様式である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大工業の関連キーワードナベレジヌイエチェルヌイマニュファクチュアインディアナ[州]ウルサン(蔚山)市タンジュンプリオクサンテティエンヌカリフォルニア州セーヌサンドニ県北九州と製造業北九州工業地域清水建設[株]北九州工業地帯ナラヤンガンジ問屋制家内工業エリー[湖]総合技術教育戦時共産主義機械制大工業ピカルディー京浜工業地帯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大工業の関連情報