コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大師の杖 ダイシノツエ

デジタル大辞泉の解説

だいし‐の‐つえ〔‐つゑ〕【大師の×杖】

大師講の日、供膳に添える長い箸(はし)。東北・北陸地方では、大師は子沢山であったので、この箸を短く折って分け与えたとか、団子をさして子供を育てたとかいう伝承がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大師の杖の関連キーワード大師講

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android