コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北陸地方 ほくりくちほう

6件 の用語解説(北陸地方の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北陸地方
ほくりくちほう

本州の中央部,日本海にのぞむ地方。通常,福井,石川,富山,新潟の4県をさすが,新潟県を除くこともある。海岸線は単調で,中央部に能登半島が突出している。背後に中部山岳地帯が海岸線近くまで迫り,平地が少く地形は全般に急峻。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほくりく‐ちほう〔‐チハウ〕【北陸地方】

中部地方日本海沿いの地域。新潟富山石川福井の4県。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほくりくちほう【北陸地方】

本州中央部の日本海沿岸地方。古代の北陸道の地域で〈ほくろく〉,〈越(こし)の国〉,〈北国(ほつこく)〉とも呼ばれた。福井,石川,富山,新潟の4県を指し,北陸3県という場合には新潟県を除く。背後に白山,立山連峰の急峻な山地を擁し,九頭竜(くずりゆう)川,手取川,庄川,神通川黒部川など日本海へ流下する河川はいずれも急流で,下流部に扇状地状の沖積平野を形成している。砺波平野は散村が卓越する平野として有名であり,信濃川によって形成された越後(新潟)平野は近世以降の新田開発地が多く,千町歩地主が多く生まれた豪農の地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほくりくちほう【北陸地方】

中部地方の日本海側の地域。新潟・富山・石川・福井の四県。北陸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕北陸地方(ほくりくちほう)


中部(ちゅうぶ)地方の日本海側の地域をいう区分称。新潟・富山・石川・福井の4県をさすが、新潟県を除く場合もある。東海(とうかい)地方・中央高地(ちゅうおうこうち)に対する。深雪地帯として知られ、水力発電の電源地帯を形成。電力・水資源を背景に重化学工業が立地し、福井県・石川県では伝統的な織物工業に加え、機械工業も盛ん。水田単作地帯だが、野菜・花卉(かき)栽培も行われる。文化・経済面は関西(かんさい)との結びつきが強い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北陸地方
ほくりくちほう

中部地方の日本海岸沿いの地域で、新潟、富山、石川、福井の四県域をいう。狭義では新潟県を除く三県をさす。古くは越国(こしのくに)と称した。中央高地の北麓(ほくろく)にあたり、能登(のと)半島、富山湾、若狭(わかさ)湾の出入りのあるほかは海岸砂丘が発達し、潟湖(せきこ)が多い。関東地方と近畿地方を結ぶ廊下地帯であるが、深雪地帯で最近まで交通は雪で難渋してきた。信濃(しなの)川、神通(じんづう)川など長大河川が平野を潤し、水稲単作の穀倉地帯である。江戸時代は大坂、蝦夷(えぞ)地(北海道)を結ぶ北前船(きたまえぶね)が米、水産物などを交易し、多くの港が栄えてきた。明治30年代には汽船、鉄道など海陸交通の近代化により、経済が停滞し、裏日本の呼称も生まれた。一方、水力発電による電源地帯となり、主として新潟・富山両県に重化学工業がおこり、石川・福井両県には繊維織物工業が発達した。漆器、陶磁器、和紙、絹麻織物など伝統工業も多い。新潟県は石油、天然ガスを産し、福井県は原子力発電地帯である。交通は北陸本線、信越本線、羽越本線、上越新幹線、北陸新幹線、第三セクター線、中小私鉄線のほか、関越自動車道、北陸自動車道が通じる。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北陸地方の言及

【中部地方】より

…8世紀後半から成立し増加していった荘園もその多くは畿内の貴族,寺社の占有するところであった。古くから東海道,東山道,甲州道中が通じ,京畿内との交流が盛んであったが,鎌倉時代には東山道の美濃から東海道へと通じる街道,あるいは甲斐を経て信濃や北陸地方を鎌倉につなぐ街道など,いわゆる鎌倉街道が設けられ,東国との交流も活発となった。戦国時代には甲斐の武田信玄,越後の上杉謙信,駿河の今川義元らの群雄が割拠するなか,全国統一の先鞭をつけた織田信長,それにつづく豊臣秀吉,徳川家康は尾張,三河を根拠地として活躍した。…

※「北陸地方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北陸地方の関連キーワード中部地方北陸道アマエビ裏日本表日本玉風中門造り北陸へしこ石川[県]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北陸地方の関連情報