コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大弐局 だいにのつぼね

2件 の用語解説(大弐局の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大弐局 だいにのつぼね

?-? 鎌倉時代の女性。
加賀美遠光(とおみつ)の娘。源頼家,実朝の養育係をつとめる。建暦(けんりゃく)3年(1213)の和田氏の乱ののち出羽(でわ)由利郡(秋田県)の地頭職をあたえられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大弐局

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武家の女性。御家人加々美遠光の娘。文治4(1188)年から鎌倉幕府の女房として名がみえ,頼家(源頼朝と政子の長男)養育係のひとり。政子が次男実朝を生んだとき,上野局,下総局と共に介錯に当たる。その後は,生後3カ月の実朝の初の外出に供奉していることなどから,実朝の養育をもっぱら担当していたと推測される。建保1(1213)年の和田義盛の乱後,勲功の賞として羽後国(秋田県)由利郡を与えられた。

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大弐局の関連キーワード御家人御家人株御家人役武家役犬御前加々美鶴灘加々美紅星加々美武夫加賀美遠光妙蓮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone