コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田氏 にぎたうじ

世界大百科事典 第2版の解説

にぎたうじ【和田氏】

和泉の中世武士。《和田系図》によると右大臣大中臣清麻呂の後胤で,11世紀末ころ和泉国大鳥郡和田郷の開発領主となり,和田氏を称するようになったと考えられる。鎌倉時代には御家人となり,さらに13世紀初めにその所領を金剛寺に寄進し和田荘が成立した。和田氏はその荘官職を相伝したが,所領保全のため春日社にも同荘を寄進し,摂関家にも仕えた。この和田氏の所職は畿内武士の所領の全貌が知れる珍しいもので,和田荘荘官職,総長者職,殿下御方案主職,春日案主職,種々の雑免田,名田畠,池,山林,社寺の所職など多様な形態を示している。

わだうじ【和田氏】

和泉の中世武士。楠木氏の一族で橘姓を称する。《太平記》に和田氏一族が楠木氏とともに戦闘を指揮したことがみえる。しかし楠木氏の系図は不明確な点が多く,和田氏もどのような系譜であるか明らかではない。旧和泉国大鳥郡上神(にわ)郷(現,堺市)に和田村が存在し,その地に和田氏の墓と称するものが伝わっていることから,この和田村を本拠としたものと想像される。所伝では鎌倉時代河内国の楠木氏の一族が和泉国に移り和田村に住したことに始まるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和田氏の関連キーワード奥山荘城館遺跡足利義氏(1)朝比奈藤兵衛五十嵐小豊治大須賀胤信中条[町]二階堂行村朝比奈義秀月山日和城武田信光横山時兼土屋宗遠足利義氏江馬蘭斎和田常盛北条泰時八田知尚三浦義村高橋石霞三浦胤義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和田氏の関連情報