大手筆(読み)ダイシュヒツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 おおいに筆をふるってすぐれた文章を書くこと。また、その文章。あるいは、そのような能力のある人。
※空華集(1359‐68頃)一一・贈俊上人帰里叙「吾方丈老人不聞翁大手筆。為之刪定」 〔晉書‐王珣伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android