コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大椿周亨 だいちん しゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大椿周亨 だいちん-しゅうこう

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉瑞泉(ずいせん)寺の義堂周信(ぎどう-しゅうしん)に師事し,その法をつぐ。京都安国寺,ついで南禅寺,応永28年(1421)からは伏見大光明寺の住持をつとめた。伏見宮貞成(さだふさ)親王(後崇光(ごすこう)院)に経典を講じた。豊後(ぶんご)(大分県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大椿周亨の関連キーワード室町時代臨済

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android