大橋宗珉(読み)おおはし そうみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋宗珉 おおはし-そうみん

1817-1861 江戸時代後期の将棋棋士。
文化14年生まれ。父の大橋分家7代宗与の跡をつぎ8代となる。大橋本家11代宗桂の門弟天野宗歩(そうほ)の好敵手とされ,4連敗ののち嘉永(かえい)5年の「吐血対局」に快勝して評判となった。7段。文久元年死去。45歳。江戸出身。初名は鐐英。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android