大橋宗金(読み)おおはし そうきん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「大橋宗金」の解説

大橋宗金 おおはし-そうきん

1839-1910 幕末-明治時代の将棋棋士。
天保(てんぽう)10年生まれ。大橋宗桂(大橋本家11代)の子。明治元年大橋本家12代をつぐ。19年「将棋早稽古」を出版する。5段。明治43年1月17日去。72歳。宗金の死で大橋本家はとだえた。江戸出身。著作に「将棊段式人名録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android