コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋宗桂 おおはしそうけい

7件 の用語解説(大橋宗桂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大橋宗桂
おおはしそうけい

[生]弘治1(1555).京都
[没]寛永11(1634).3.9. 京都
安土桃山~江戸時代前期の将棋師。将棋初代名人。宗也の子。初名は宗金,のち宗慶と称したが,織田信長から桂馬の1字を取って宗桂の名を賜わったという。また豊臣秀吉徳川家康にも謁見し,しばしば江戸にも下り将軍秀忠の前で本因坊算砂 (ほんいんぼうさんさ) と対戦した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおはし‐そうけい〔おほはし‐〕【大橋宗桂】

[1555~1634]安土桃山時代・江戸初期の将棋棋士。江戸時代の将棋家元大橋家の始祖。京都の人。旧名は宗慶。織田信長徳川家康に仕え、幕府の将棋所の司(つかさ)となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大橋宗桂【おおはしそうけい】

江戸時代の将棋家元,大橋本家の祖。京都の町人出身で,もと宗慶といい,後に改名。織田信長,その死後徳川家康に仕える。慶長年間に将棋所の司となり,名人となった。なお,大橋本家は1910年12代宗金が没するまで続き,2代宗古〔1576-1654〕,5代宗桂〔1636-1713〕,9代宗桂〔1744-1799〕が名人となった。
→関連項目天野宗歩将棋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

大橋宗桂

没年:寛永11.3.9(1634.4.6)
生年:弘治1(1555)
江戸前期の将棋棋士,1世名人。京都の生まれ。囲碁の本因坊算砂とほぼ同時代で,織田信長,豊臣秀吉,徳川家康らに仕え,将棋を披露した。宗桂の名は信長から与えられたという。慶長12(1607)年,宗桂と算砂の平手戦が現存する最古の将棋棋譜とされる。相四間飛車の将棋。同17年ごろ,囲碁・将棋所を兼ねていた算砂から将棋所(江戸幕府から扶持を給せられた将棋の最高権威者)を譲られ,1世将棋名人となった。著書に詰将棋を収めた『象戯図式』がある。京都深草の霊光寺の墓は駒形の墓碑で裏面に桂馬の2字が刻まれている。長子宗古は2世名人。宗桂を祖とする大橋本家は明治末年まで12代続き,5代宗桂,9代宗桂も名人となっている。<参考文献>勝浦修『初代大橋宗桂大橋宗古』(日本将棋大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおはしそうけい【大橋宗桂】

1555‐1634(弘治1‐寛永11)
初代将棋名人。京都の町人出身で宗慶といい,後に宗桂と改名。将棋が上手であったために織田信長,豊臣秀頼,徳川家康,徳川秀忠に遊興の奉仕として召し出され,本因坊算砂らと将棋を指して巧芸を披露した。江戸幕府成立後,将棋指衆として召し抱えられ,碁所より分岐した将棋所の司として初代名人になり,50石五人扶持の俸禄を与えられた。これは将棋が市井の遊芸から幕府公認の技芸として認められ,民間の将棋指しが幕臣に加えられたことを意味し,将棋史上画期的なできごとであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおはしそうけい【大橋宗桂】

1555~1634) 江戸初期の棋士・将棋一世名人。京都の人。家元大橋本家の祖。将棋の上手じようずとして織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・徳川秀忠に仕え,1612年幕府の将棋所に任ぜられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大橋宗桂
おおはしそうけい
(1555―1634)

将棋1世名人。京都生まれ。80歳で没し、霊光寺(京都深草)の桂馬の2字が刻まれた墓碑は有名。宗慶の慶を桂と改めたのは織田信長の勧めと伝える。信長に召され「将棋師」の待遇を受け、1607年(慶長12)本因坊算砂(さんさ)との平手戦が最古の棋譜として残る。将棋所名人として駿府(すんぷ)の徳川家康、江戸の秀忠(ひでただ)に招かれて将棋の芸を披露した。『象戯(しょうぎ)図式』(詰め将棋)50番を出版、現存でいちばん古い棋書である。1576年(天正4)2代大橋宗古が初代宗桂嫡男として生まれる。宗古は「二歩、千日手、死に駒を打つこと」を禁ずる3か条を示す。親子2代で将棋の基礎をつくった。[原田泰夫]
『木村義雄他監修『日本将棋大系1』(1978・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大橋宗桂の言及

【将棋】より

…なお,駒数の少ない小将棋がゲームの興味を増すために,相手から取った駒を再使用できるルールを確立したのもこのころのこととみなされる。
[江戸時代の将棋]
 戦国時代の武将であった織田信長,徳川家康,豊臣秀頼らは,当時の将棋の上手(じようず)であった本因坊算砂大橋宗桂らを召し出して指させるなど将棋への関心が高かった。徳川幕府が成立した直後に算砂や宗桂は囲碁,将棋の芸人として召しかかえられて,この部門は碁将棋所(ごしようぎどころ)とよばれた。…

※「大橋宗桂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大橋宗桂の関連キーワード木村義雄伊藤宗看(1)伊藤宗看(2)大橋宗英大橋宗桂(1)大橋宗桂(2)大橋宗桂(3)大橋宗桂(6)大橋宗古大橋宗与(2)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大橋宗桂の関連情報