大橋慎(読み)おおはし しん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋慎 おおはし-しん

1835-1872 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)6年生まれ。土佐高知藩家老深尾氏の家臣。土佐勤王党に属し,元治(げんじ)元年脱藩して萩(はぎ)藩をたよる。慶応2年坂本竜馬(りょうま)らを岩倉具視(ともみ)に紹介する。3年鷲尾隆聚(わしのお-たかつむ)の高野山挙兵に参加。維新後は開拓使判官,太政官大議生をつとめた。明治5年6月2日死去。38歳。通称は慎三。号は富岳,岷岳。名ははじめ橋本鉄猪(てつい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android