大気振動(読み)たいきしんどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大気振動
たいきしんどう

世界的な規模で生起する大気の微小振動をいう。海の潮汐(ちょうせき)と同じように、大気にも月や太陽の引力による潮汐現象があり、これを大気潮汐という。大気潮汐では太陽の熱的作用によるものも含まれる。大気振動は大気潮汐と同義に用いられることがある。一般に、大気振動には、大気潮汐のほかに、爆発などによっておこる自由振動も含まれる。大気振動は主として地上気圧の微小振動として観測される。潮汐振動では、24、12、8および6時間の周期が卓越している。[股野宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大気振動の関連情報