コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由振動(読み)ジユウシンドウ

大辞林 第三版の解説

じゆうしんどう【自由振動】

振動を開始させるときにだけ瞬間的に外力がはたらき、あとは振動系に固有の復元力以外の外力がはたらかない場合の振動。 ⇔ 強制振動

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の自由振動の言及

【音】より

…こうした物体の振動を起こす原因としては,衝撃力,摩擦力,非平衡力などの機械的駆動力や,電磁力など非常に多くの種類がある。外から振動的な力が加えられているときの振動を強制振動といい,これに対して,外力をとり除いたあとでの振動が自由振動である。自由振動の状態は,物体の形状寸法と弾性的な性質によって決まる特定の振動数と振動の状態をもった固有振動によって規定される。…

※「自由振動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android