大江山絵巻(読み)おおえやまえまき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源頼光(よりみつ)が家来の四天王とともに大江山に住む酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治する話を描いた絵巻。「酒呑童子」として『御伽草子(おとぎぞうし)』23編にも載る著名な武勇譚(ぶゆうたん)に取材したもの。遺品のなかでは大阪・逸翁(いつおう)美術館の二巻本がもっとも古く、鎌倉時代(14世紀)にさかのぼる。もと下総(しもうさ)国(千葉県)香取(かとり)神社に伝来したもので、絵は大和絵(やまとえ)の作風によっているが、御伽草子絵にもつながる素朴な表現がみられる。またこの物語は後の狩野(かのう)派の作家によっても取り上げられ、元信(もとのぶ)、孝信(たかのぶ)、探幽(たんゆう)の絵巻が伝わっている。

[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android