大池 忠助(読み)オオイケ チュウスケ

20世紀日本人名事典の解説

大池 忠助
オオイケ チュウスケ

明治・大正期の実業家 朝鮮実業の開拓者。



生年
安政3年4月20日(1856年)

没年
昭和5(1930)年2月1日

出生地
対馬国(長崎県)

経歴
明治8年朝鮮に渡り、釜山で貿易・海運製塩水産精米・旅館業など多方面で事業を興し、先駆的開拓を行い朝鮮産業の発達に尽力、釜山財界の大立者となる。日清戦争日露戦争では軍事に功労があった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android