大津首(読み)おおつの おびと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津首 おおつの-おびと

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧,陰陽師(おんようじ)。
新羅(しらぎ)(朝鮮)に留学し,慶雲(きょううん)4年(707)義基,浄達らとともに帰国。和銅7年占術が得意なため還俗(げんぞく)させられ,大津連(むらじ)の氏姓と意毗登(おびと)の名をあたえられた。養老5年学業を賞され,のち陰陽医術を伝授することをゆるされた。「懐風藻(かいふうそう)」に詩2首がある。僧名は義法

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android