コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大派皇子 おおまたのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大派皇子 おおまたのおうじ

?-? 飛鳥(あすか)時代,敏達(びだつ)天皇の皇子。
舒明(じょめい)天皇8年(636)蘇我蝦夷(そがの-えみし)に対して,官吏たちの出仕状態がわるいので,午前6時出仕,午前10時以後退出とし,鐘で合図するよう命じたが,蝦夷はしたがわなかった。名は大俣王とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大派皇子の関連キーワード巨勢徳太あすか

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android